RSS

一か月ぶり

久しぶりに京都に出てきた。

彩る景色が梅からツツジに変わっている。青もみじも美しい。

自然って 素晴らしい。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2018年4月19日 投稿先 お出かけ

 

紫木蓮

IMG_3582
もうすっかり暖かくなり、昨日はお父ちゃんが裏山で でっかいタケノコを2本発見した。とても食べられそうにないので、スコップでたたき折って、山の上のほうに放り投げておいた。

🤔�そういえば最近ガサガサと獣が動く音がしていたので、イノシシが夜中に来ていたんだなぁ なんてことを想像している。

いつもはもう少し早めに咲く紫木蓮が今頃咲き始めた。お母ちゃんの庭は花盛り🙂
ちゃんとお世話しないと雑草も凄いことになってきている😅
畑に行くのが恐ろしい😅😅😅

 
コメントする

投稿者: : 2018年4月19日 投稿先 今日の気分

 

スクエアフィリングステッチ

お母さんの体調が落ち着いてきたので、昼から少し畑の世話をしたり、夜は刺繍なんかしています。夢中になって良い時間があるということは幸せなことだなぁ。今日はスクエアフィリングステッチというのを刺した。これ 何かに使うだろうか、、、🙄

そうそう、ここのところお母さんは話すスピードも遅くなっていたのだけど、今日はいつものお母さんだった😊嬉しい。あとは筋力を取り戻すことを考えないと。お父さんも一緒にストレッチの運動誘ってやってみるかなぁ。リハビリ頑張ろう。

 
2件のコメント

投稿者: : 2018年3月29日 投稿先 刺繍

 

低ナトリウム血症を起こしていた

昨日、土曜日の血液の検査結果が出てきて、あの幻覚のようなのは低ナトリウム血症が原因だったんだなぁということがわかった。
30分くらい内科の先生に説教のような脅しのような診察を代理で受けて(本当は皮膚科で塗り薬だけもらいにいったつもりだったから)ものすごい凹んで帰ってきたのです。こんな低ナトリウムの数値は生死に関わるから即入院やとか肺がんの疑いがあるとか、、、そんな類。
そんなん後から言われても。。。その場でナトリウムの数値はわからんのに。。。😓と心では思ってました。
救急車呼ばんかったことを怒ってるんかなぁ。。ちょっとわかりません。
でも心配してくれてるんやし、、、感謝しよう。
心して様子を見ようと思ってたら、今朝、お母さんが後頭部が痛いとか胸痛いとかちょっと吐き気あるとか、言うてる。そしてまた手震えてる。。。のに気がついて、脳卒中とか怖いし大きい病院に行って来た。状況話したら救急扱いで対応してもらえた。CTやレントゲン撮ってもらって、結果としては脳も心臓も肺の方も問題なさそうで、でもまだナトリウムの値が低いので点滴をしてもらって帰ってきた。今日の先生によれば、低ナトリウム血症は長い期間の下痢が原因とのこと。土曜の血液検査の値より回復してるのでもう心配ないとのこと。手震えてるのは脳梗塞の症状じゃないよと、教えてもらった。そうなのか。。。慌てなくてよかったのかな。とにかく何ともなくてよかった。不安要素が一気に全部なくなったので、ホッとしています。
帰ってきて少し眠って、夕ご飯頃には見た目も随分回復して、ご飯を普通に食べられた。嬉しいなぁ😊

帯状疱疹は昨日がピークだった。お灸をすると2,3日でウイルスが死滅していくのがわかる。この調子だとあと2日で治ると私はみています。
お灸の道具があって本当によかった。

 
2件のコメント

投稿者: : 2018年3月28日 投稿先 健康

 

クスリの副作用はものすごく怖い

帯状疱疹が出たお母さんのことですが、もらった抗ヘルペス薬で激痛は落ち着いたんやけど、下痢と嘔吐の副作用で体力がどんどん奪われて可哀想やった。祝日と木曜日で病院が休みで相談出来なくて、薬屋の薬剤師さんに相談してもあやふやな回答。でも症状酷すぎるから飲む量を半分にして様子を見てたんやけど、手が震えたり、意識がちょっと薄いなぁと感じる時があって、気になってた。
翌日の診察を受けることを気にしてお風呂に入っておくというので、熱もないしまいいかと判断(したのがあかんかったなぁ〜)入ることになって、いつも通り入ったんやけど、ちょっと上がってくるのが遅くて気になって覗きに行って声かけたら「大丈夫」という返事。2、3分後ガタンという音がしたので慌てて見に行ったけど、普通に入ってる。お母さん大丈夫?と声かけたら「5が入らへんねん」となんか意味がわからない返事で、手元で数独というパズルゲームをしてる風の手つき。意識が混濁してるのにその時点で気付いて、お父さんを叫んで呼んで 二人でなんとか湯船から上げて、そこからはあんまり覚えてへんけどなんとか救出しました。
もうほんまにあかんかと思った。。。間に合ってよかった。一人の時間じゃなくてよかった。って何度も何度も言うてました。
のぼせてるのから回復してきて、お母さんは意識がちょっと戻ってきたけど、その後も嘔吐したりとかで相当辛かったと思う。救急車呼ぼうか迷うところやったけど、ちょっと落ち着いて眠っていたので、そばについてて異変があったら病院に駆け込もうということにしました。幸いそれ以上ひどくはならず朝を迎えることが出来て、朝一番でかかりつけの病院で状況説明して点滴をうってもらって また少し落ち着いた。でもまだ数字の幻覚が見えてるみたいなのが気になった。少し食べられるようになって嬉しい。よく眠った昨日。
そして今日。もう一度点滴をうちにいく。帰ってきてもまだふらついてる。でも昨日よりも食べられてちゃんとおさまったのが本当に嬉しかった。2時間弱座って甲子園の試合をテレビ観戦もできた。
まだ意識がぼーっとしたり、物忘れがあったり、携帯の使い方がわからなくなってるとかで、自信をすっかり失ってるけど、きっとクスリのせいやで たくさん寝たらきっと元どおりになるわ と言っています。
今日は私も緊張が解けて一日中ぼーっとしてて、いつもできることがぜんぜん出来なくてあかんなぁ〜 と言い続けた日でした。お互いに慰めあったりしています。

これは副作用ちゃうかなぁと思うんやけど、リウマチの先生に聞いたらそういうのは聞いたことがないって言うてた。血液検査の結果からも免疫力や腎臓の働きの数値は悪くなってなかったそうなので、先生も相当びっくりしてた。何が起こるかわからんからやっぱり薬は怖いね。これから気をつけるべき点とか色々教えてくれて、親身になって相談にのってくれるのでリウマチの担当の先生は頼りになる。最寄りの病院の医院長先生はとってもぞんざいな応対で、受付の人とか冷たいしなんか無性に悲しくなったけど、助けてもらったしすごく感謝しています。

ほんまによかった。こんなことになるなんて夢にも思わなかったなぁ。

もうしばらくは 大事をとって安静に過ごしてもらおうと思います。

こんな緊張の連続な日々でした。

 
2件のコメント

投稿者: : 2018年3月24日 投稿先 健康

 

免疫抑制剤は怖い

リウマチを患っている母のことです。
痛みもほとんどなくなって、ちょっと畑仕事したり庭の花の世話なんかができるようになって、血液検査の結果も上々でだんだん良くなって来ている雰囲気ではあったのですが、先週中頃から腕の付け根が痛いと言い出したなぁと思ったたら あれよあれよという間に 左手から腕にかけて湿疹が出て来て びっくりして病院に行ったら 帯状疱疹だと言われました。

帯状疱疹というのは 水ぼうそうと同じ ヘルペスウイルスというのが原因だそうです。水疱瘡にかかったことがある人は必ず身体にこのウイルスが潜んでそうですよ。私も持ってるんだ。。。免疫力が落ちた時に突然暴れ出すことがあるんですって怖いなぁ😰 先生はリウマチ薬の副作用ではないと言っていたけれどうちの母の場合 高齢というのもあり、リウマチの薬の免疫抑制剤を飲んだことが引き金だったんだろうなぁと私は思っています。

今回の痛さはリウマチの痛みより酷くて、ずっと眠れなかったみたいで、死んだほうがましとか言い出すしもう、、、見ているのも辛いノゥ。。。な2日間でした。
私が出かけることが重なる週に調子悪くなることが多いので、なんかちょっと罪悪感を感じております。。。😥

でも昨日もらった抗ヘルペス薬がやっと効いてきたみたいで、少し痛みが和らいだようで今は少し寝息を立てて眠っているので 一安心。良かった。

腎臓の機能が心配なので もう少し落ち着いたら足の裏にお灸をしてあげよう。

 
コメントする

投稿者: : 2018年3月21日 投稿先 健康

 

ツバキ文具店

TVドラマがとってもよかったと聞いて、読んでみようと思った本。

鎌倉は生まれた場所なので、ちょっと懐かしい。まぁ ほとんど覚えてないんですけどね😁

涙なしには読めませんでした〜。とっても優しい心になれた素敵な本でした。

ありがとう。

 
コメントする

投稿者: : 2018年3月18日 投稿先