RSS

足の陽明胃経

06 12月

今年の夏から秋は東洋医学の本やDVDをよく買った。残念ながらまだ頭の中には入ってないけど。。。

昨晩から足が痛くてトイレに行くのも大変とお母さんが言うので、経絡・ツボの本をにわか勉強。

足の陽明胃経 という中の、

「脾関」(経絡の通りをよくする。気の巡りを改善して、痛みを止める。)

「伏兎」(経絡の通りをよくする。寒邪を追い出し、湿邪を追い出す)

のツボとそれをつなぐ感じで広い範囲で八分灸をしてみた。

「ものすごく熱い」といって暴れまわっていたけど、お灸の後ちょっと仮眠したあと、「治ってる やっぱり お灸すごい」といって歩いていた。私もちょっとは腕をあげたかもしれない(^-^)

どこにお灸したのかすぐに忘れてしまうので、日記に書いておくことにした。

上の写真の左の本は大阪狭山市のお灸の先生 福西佐元先生の本。

えらい昔の本を、、、と言われましたが

image

この間 私も手が痛くて眠れない日が続いて 治療を受けた時にサインを貰ったんだ。

鍼はプロにしてもらうもの、お灸はアマチュアでもできる 的な意味だったと思う。。。。

大事にしよーと思ってます。

自分で腕の治療がうまくいかなくてできなくて悩んでいたのですが、質問したらやり方はあっていたけど、治療の量が足らないといわれました。

私は腰が痛い時、八分灸をする道具を使って、1本で治ってしまっていたので、腕も一本しかお灸しなかったんだなぁ。先生ならどれくらい?と聞いてみたら5本は使うと言われました。腰の治療がうまくいきすぎたんやね ということでした。

完治までは至ってないけれど、フライパンを片手で持てるまでは快復してきているのです。自分の症状も合わせて経絡とツボ勉強せねばーと思っております。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2016年12月6日 投稿先 お灸

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。