RSS

お灸その後

21 7月

狭山養生鍼灸院で教えていただいた自分でできる八分灸を毎日 母と一緒に1時間半から2時間くらいやってます。母の具合は一進一退ではありますが、今日は動かなかった右足が お灸したあと階段を昇れるまでに復活したのですごく嬉しかった \(^^)/ばんざーい

わたしも 中腰で草取りとかブンブン鍬を振り回したりなどの畑仕事のあとに、ジャズなんかBGMで鳴らしながら30分ほど八分灸をやっているのだけど (*´▽`*) ほぇーっとするくらいに気持ちがいいです。(まぁ一瞬の刺激は相当ありますけどね)
畑仕事を終えた後というのは、腰が固まっちゃってる状態でその場から立ち上がるのに必死という状況なのだけど、お灸をしたら劇的に復活!痛みがなくなるのです。
すごいわぁ。(*´▽`*)
これ 広まればたぶん世の中から肩こりとかなくなるで。お友達に教えてあげたいわぁ。と思っている今日この頃です。

リウマチについてはこの1か月あまり こんな↓の本だとか

高槻にある 松本医院 というところのホームページを見て いろいろと学んでいました。

で、結論は ステロイド系の薬や痛み止めはやめたほうがいい ということ。
これらの本を読んでから、ぜんそくの予防として毎日吸引していたステロイドの薬はパッタリと止めていた母ですが、痛いのはどうしても我慢できずに1日2,3回ロキソニンを飲んでいたのだけど、狭山のお灸にいってから 説得してロキソニンを飲むのもやめてもらいました。

最初の2日間は「地獄のようや」と いってましたが、ロキソニン断って今日でちょうど一週間、一進一退ではありますが ひどくはなっていない様子。これからどんどん快方に向かえばいいなぁと思っています。

先に書いた 松本医院 の松本先生のホームページには、いろいろと解説が載っているのだけど、用語がよくわからなくて、↓この本を図書館で借りてきて免疫学を勉強しているところ。
本が顔の上に落ちてくることがよくありますが、、、、( ;∀;) いてぃ

まだ序の口しか読めてないけど、人間てすごいな と思っています。
そして、松本先生が書いておられますが リウマチなんのことでよく言われる 「自己免疫疾患」って やっぱり嘘ちゃうかなぁと 思いながら読み進めています。

患者の痛いとこ診ずに、コンピュータのディスプレイとか検査結果ばっかりみて、わからんこととか知らんことは 「自己免疫疾患」っていうてるんちゃうやろな? と 思ってしまう 意地悪いわたしなのでした。
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

あら 久しぶりに長文になりましたな。今日はこの辺で。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2016年7月21日 投稿先 健康

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。